【悲劇】電車で席を譲ってもらえなかった「女子高生に起きた悲劇」に考えさせられる

1: ファニーちゃん




電車内で起きた実際の話



とある電車に1人の女子高生が乗ってきました。

そして体調が悪かったらしく「優先席」に座っている50代くらいのおばさんにこう声を掛けたのです。

女子高生「体調が悪いのでお席譲ってくださいませんか」

そしておばさんはこう応えました。

50代くらいのおばさん「若いのに何言ってるの。私疲れてるから」

こういったやり取りがとある電車内でされました。

女子高生は体調が優れなかった為、優先席に座っている元気そうな方に声を掛けたのです。

しかし、目の前にいたおばさんは「若いのに何言ってるの。私疲れてるから」と一蹴しました。

その席の周りには老人ばなりだったようで、席を譲ってくれる人はいませんでした。

そしてその数分後、突如女子高生に悲劇が起き、電車内は騒然としたのです。

一体なにが起きたのか・・・。

女子高生に起きた事は次のページで♪