【神対応】電車で子供が暴れても親は無視。その時「女子高生」が取った勇気ある行動

1: ファニーちゃん




女子校正のとった行動



とある電車内で起きたとんでもないエピソード。

電車に乗っていた女子高生、後から来た親子、その子供が電車内で暴れるも、母親は無視。

その様子を見かねた女子高生が取った行動が素晴らしいものでした。

子供に常識を教えれない親がなんと増えてきた事か・・・

日本の将来が不安になると同時に、こんな女子高生もいるなら大丈夫だな、とそう思います。

ここから↓

小さい男の子を連れた30代くらいの母親が電車に乗って来ました。

母親はスマホを夢中でやっており子供が電車内で騒いだり暴れても注意すらしません。

この時点で乗り合わせていた乗客はイライラでした。

さらに子どもが座席に靴のまま跳び乗ってジャンプするエスカレートぶりにも

母親はスマホをいじったまま「うるさい」と軽く言うだけ。

誰が最初にキレるか、という緊張状態の中近くに座っていた女子高生が立ち上がりました。

そして、その親子に近づくとニコニコした笑顔で

「ねえ、僕。ここは僕のおうちじゃなくて 皆の場所だから静かにしようね」

と注意しました。

母親が「ちょっとあなた何?」

ようやくスマホをやめて女子高生に食ってかかるも女子高生はスルー。

「靴のまま椅子に乗ってるけど これじゃ椅子が汚れちゃうよね?
汚れた椅子に座ったらお洋服も汚れちゃうよ?僕もお洋服汚れたら嫌じゃない?」

子供は「・・・やだ」

「そうだよね、嫌だよね!そしたらどうしたら良いか分かるかな?」

笑顔のまま優しい言葉でさとす女子高生に男の子は大人しく座席から下りました。

「そう、良く分かりましたー!僕は何歳かな?」

「ごさい!」

「そっか五歳か!じゃあもうお兄ちゃんだよね。
僕はもうお兄ちゃんなんだからかっこよくしてないと。
赤ちゃんみたいにバタバタしていたらかっこ悪いよ?かっこ悪くて良いの?」

「やだ!かっこいい方が良い」