【命をいただくという事】大好きな家族(少女)のため「命を捧げる覚悟をした牛」と、食肉加工屋の苦悩

1: にこる




命をいただく



私達が普段口にしている食べ物。

当たり前のように、何気なく食べていますが

1つの命をいただいている、という事です。

今回ご紹介するのは西日本新聞に寄せられた1つの考えさせられるお話。

内田産婦人科医院の内田美智子先生が書いた、

「いのちをいただく」という絵本のもとになったお話です。

ここから↓

坂本さんは、食肉加工センターに勤めています。

牛を殺して、お肉にする仕事です。

坂本さんはこの仕事がずっといやでした。

牛を殺す人がいなければ
牛の肉はだれも食べられません。

だから、大切な仕事だということは分かっています。

殺される牛と目が合うたびに、仕事がいやになるのです。

「いつかやめよう、いつかやめよう」と思いながら仕事をしていました。

坂本さんの子どもは、小学3年生です。
しのぶ君という男の子です。

ある日、小学校から授業参観のお知らせがありました。

これまでは、しのぶ君のお母さんが行っていたのですが

その日は用事があってどうしても行けませんでした

そこで、坂本さんが授業参観に行くことになりました。

いよいよ、参観日の当日

「しのぶは、ちゃんと手を挙げて発表できるやろうか?」

坂本さんは、期待と少しの心配を抱きながら、小学校の門をくぐりました。

授業参観は、社会科の「いろんな仕事」という授業でした。

先生が子どもたち一人一人に

「お父さん、お母さんの仕事を知っていますか?」

「どんな仕事ですか?」と尋ねていました。