【画像】写真家が偶然とらえた鳥の大群が「鳥の形」になった奇跡的な瞬間!

1: ファニーちゃん



奇跡の一枚の写真




スペイン北東部のコスタ・ブラバで起こった出来事です。

写真家の目の前で、ホシムクドリの大群が自分たち自身の姿を見せてくれていました。

ホシムクドリは、ハヤブサやワシといった天敵が近づいてくると、巨大な群れで飛ぶ習性があるそうです。

形を自由に変えるムクドリの大群は、偶然に形を作っているのでしょうか。

写真家が偶然に撮った写真

ムクドリの群れを撮ったのは、ドイツの写真家「Daniel Biber」さんです。

鳥の大群が鳥の形をつくるという珍しい瞬間を撮影し、国際的な写真賞の一つであるエクスポージャー賞を受賞しました。

受賞作品は、撮影現場では気付かないで、コンピュータでチェックしていた時に貴重な一枚を見つけたそうです。

Biberさんは次のように語っていました。

「家に帰って撮った写真をコンピュータでチェックして、

ムクドリの群れの形に初めて気がついたんです。

現場では撮影することに集中していたので、

空に大きな鳥の形が出来ていたことに気づきませんでした」

Biberさんは、奇跡的な一枚について海外メディアで次のように語っていました。

以前からムクドリの群れを撮ってはいました。

けれど、どうしても思ったように上手く撮れなかったんです。

それで、ムクドリの群れが方向転換してダイナミックに形を変える場所を、

しかも背景が写真作品として美しい場所を、時間をかけて探しました。

そのスポットに4日間連続で通って撮ったうちの1枚が、今回受賞したのです。

ムクドリの大群が偶然にしても鳥の形になって飛んでいるのを、

写真に撮ることが出来たのは凄い事ですよね。