【驚愕】「エビは虫の仲間!?」イスラム教徒はエビを食べてはならないという法令がインドで出される!

1: ファニーちゃん



エビは虫と同じ



エビって好きな人多くないですか。

エビフライ・エビチリなど美味しいお料理が沢山ありますよね。

インドで、なんと!次のような法令が出されました。

「イスラム教徒はエビを食べてはならない」

発行したのは、ハイデラバードにあるニザーミーヤ学院という伝統ある

イスラム法学校の大ムフティーである「ムハンマド・アッザームッディーン師」です。

エビは虫と同じ節足動物であって魚ではないので、イスラム教徒は食べてはいけない。

正確に言うならば禁止ではなく、エビを食べたからといって刑罰を受けるような事はないようです。

このニュースは、インドの他にもエビ大好きなタイなどの東南アジア諸国にも伝えられました。

エビは虫だったのか?!とちょっとした衝撃を社会に与えています。

魚介類を食べてもいいか(=ハラールか)についてのイスラム法の議論は、

原則は「魚は食べてもいい(=ハラール)」というものです。

問題になるのは「エビは魚なのか?」ということなのです。

同師は「エビは魚ではなく虫のような節足動物である」と認めた為に

「エビは食べてはならない(=ハラーム)」と結論になったそうです。

一方で、歴史的には大多数のイスラム法学者たちは、

「エビは魚なので食べてもいい(=ハラール)」と論じています。